ディンクスの住宅 House with DINKS

夫婦二人のための住宅である。場所は商業地域と住宅地域がぶつかるエリアで、雑多な印象の住宅地であった。

 

購入を希望していると案内されたのは、大通りから私道となっている細い路地を進んだ先にある、お寺の借地となっている50㎡程の整形地で、都心部の隠れ処のようだが、乱立する高層マンションのバルコニーからの視線を感じる敷地だった。

奥さんから求められたのは、2人が別々に過ごせる個室と大きめのクローゼット・後々売買する事を視野に入れた計画。職場が近く主に家事を担う旦那さんから求められたのは効率よく家事を行える空間と、小さい時から慣れ親しんだ実家のようなシンプルな勾配屋根であった。

 

法的条件や借地の契約条件から、各階32.5㎡程のスペースとなるため、1階に6畳程の個室2つと出来る限り大きくクローゼットを確保した。

次に、動線に沿って水回りを配置した。キッチン、洗濯スペース、浴室、物干しスペース、収納を階段踊り場、廊下、階段の脇に配置し、機動性を高めて、家事を行う旦那さんが複数の家事を同時になんなく行なえる計画とした。

 

また、都心部で便利な立地ではあるものの、密集地で全体的に暗く陰湿になるのを避けるため、天井高と天窓採光を充実させ、東西南北に風が通り抜けるようにし、限られた中にも余剰と広がりを感じられる空間とした。忙しい毎日の中で、ソファーで体を伸ばして勾配屋根と空を見上げる時間が楽しみになれば良いなと思う。

 

 

 

用途       :個人住宅

敷地面積   :51.47㎡

建築面積   :32.48㎡

延床面積   :64.96㎡

階数         :地上2階

構造         :木造

​撮影   :松浦範子

尾崎建築事務所 一級建築士事務所

〒164-0001 東京都中野区中野5-14-2-1F

M : info@ozaki-archi.com    T : 03-6659-2082

Copyright (c) 2020 OZAKI ARCHITECTURE OFFICE All Right reserved.