​ルーム西池袋 Room N

ディンクス

​計画概要

クライアントが相続されたマンションの一室をリノベーションした計画。商業地域でテナントなども複数入る大規模マンションであったことから、店舗として賃貸することも視野に入れながら検討を進めた。現在は予約制の女性用専門サロンとして利用されており、後々はクライアント自身の住まいとして想定されている。

2枚の腰壁

200101ikebukuroPJ_200104_0022.jpg

光が届いていなかったキッチンと玄関の壁を撤去し、新しく2枚の弧を描く腰壁として配置。

視線を誘導するカーブ

ルーム西池袋2枚の壁の間を見る
200101ikebukuroPJ_200104_0020.jpg

​ラワン板張のカーブする壁によって室内がゆるやかにつながる住戸

彫塑的

DSC_0087.jpg

カーブする腰壁には、統一した質感を与えて室内に彫塑的な要素を加え、商業空間としての利用を想定。生活感が出てこない壁があるのも悪くない。

作業台を延長したキッチン

ルーム西池袋作業台を伸ばしたキッチンをみる

作業台を延長したキッチン兼机。ちょっとしたコーナースペースとしても利用可。白い釉薬タイルと青ベースのモザイクタイル

201031lan.JPG
201030_planbefore.JPG

用途       :テナント・住宅
延床面積 :63.95㎡
階数       :4階部分
構造規模 :RC11階建(138戸)
築年数  :築35年(1985年)

Use: Rent space,Private house
Total floor area:
63.95㎡
Number of floors: 3rd floor
Structure :RC