​ルーム西池袋 Room N

201031lan.JPG
201030_planbefore.JPG

個人所有のマンションの一室64㎡の全面改修

池袋駅から徒歩6分の近隣商業エリアでテナントも許容されている大規模マンションで、相続によってマンションを受け継いだオーナーが別に住まいがある事から、しばらくはこのマンションをテナントとして貸し出すことで活用し、後々自身の住まいとして住めるような形での改修を計画することになった。

まず、玄関とキッチン室の暗さと閉鎖感を解消するために既存の壁を取り払った。さらに、家事効率を良くするため、洗濯機や冷蔵庫の位置を調整してキッチンの作業スペースや収納スペースを広げた。

次に、玄関とバルコニーをつなぐ2枚の円弧の壁を新たに配置した。円弧の壁は、視線や風を誘導して玄関空間を明るくすると同時に、見えそうで見えない奥にあるスペースへの期待感や奥行感の演出、テナントの顔としての印象付けなどの効果を併せ持つ。現在は予約制の女性用専門サロンのテナントが入居している。

住宅としては、2枚の円弧壁を介した手前と奥のスペースがリビングやダイニング、団らんスペースとなり、個室が2つ、個室としても使えるコーナースペースが1つある住まいだが、この住戸に壁が全くない状態に比べて、個人の為の居場所がたくさんでき、家の中で歩く距離が長くなり、空間に変化が出るようにしながら、住戸全体の広さは共有できるよう、円弧壁の高さを天井まで到達させない部分を設けながら慎重に計画した。

仕上は、マンションの規定から床は遮音性能に配慮したフローリング、円弧壁の部分は不燃ラワン合板、裏側はクライアントの選定したモザイクタイルやアクセントクロス、キッチンの壁は全面モザイクタイル、その他の壁や天井は既存下地の上にクロス張替えとして、メリハリと清潔感のあるインテリアとなった。

 

 

用途       :共同住宅改修

延床面積 :63.95㎡

階数       :4階部分

構造規模 :RC11階建(138戸)

築年数  :築35年(1985年)

尾崎建築事務所 一級建築士事務所

〒164-0001 東京都中野区中野5-14-2-1F

M : info@ozaki-archi.com    T : 03-6659-2082

Copyright (c) 2020 OZAKI ARCHITECTURE OFFICE All Right reserved.