​珍煮丹 浅草雷門 TRUEDAN ASAKUSA-KAMINARIMON

珍煮丹浅草雷門店先写真
珍煮丹浅草雷門正面からの写真
珍煮丹浅草雷門ななめからの外観
珍煮丹浅草雷門店先写真
珍煮丹浅草雷門店先正面
珍煮丹浅草雷門店内から
珍煮丹浅草雷門店内写真
plan.JPG
200206_インテリア2.jpg

台湾タピオカブランド日本2号店の計画。

 

限られたスペースに必要な設備を使い勝手良く配置する事に加えて、

日々動き回る空間をストレスなく過ごせるよう、職場環境として快適なものを目指した。

そこで、必要となるスペース(来客エリア、厨房、バックヤード、スタッフスペース)を

ひとまとまりの環状にレイアウトすることを至上命題として、様々な要望や機器選定を整理した。

環状動線は行き止まりがなく、複数の店員が移動する際にお互いを気にしながらすれ違うのを回避できると同時に、

となりのスペースとの連携がしやすく、人員が増減しても柔軟に対応できるというメリットが考えられる。

一方、店舗前面部分には、屏風のように折れ曲がるパーティションを配置し、

そこに設置されるお店の情報が、

正面、右側面、左側面と色んな方向から歩いてくる人々の目に留まる可能性を増やすことで、

たくさんの情報を届けたいというクライアントの希望に応えた。

This is a project for the second Taiwan tapioca brand store in Japan.

In addition to conveniently layout the necessary equipment in a limited space,

We aimed to create a comfortable working environment so that people can spend their days moving around without stress.

so, we prioritized "layout the required space (visitor area, kitchen, backyard, staff space) in one ring" and organized various requests and equipment selections. There are no dead ends in this circle, and when multiple staff can avoid passing each other while worrying about each other, and at the same time, they can easily cooperate with adjacent spaces. and it is possible to respond flexibly for Increase or decrease of staff.

on the other hand, a partition that bends like a folding screen is placed at the storefront.

By increasing the possibility that the information of the shops installed there will be noticed by people walking from various directions, we responded the client's desire to deliver a lot of information to around.

用途       :飲食店(タピオカ飲料店)
延床面積 :24.84㎡(7.51坪)
階数       :地上1階
構造規模 :木造2階建

Use: Cafe (Taiwanese tapioka)
Total floor area: 24.84㎡(7.51tsubo)
Number of floors: Ground floor
Structure :Wooden