甲 府 の 家

建築概要

場所:山梨県甲府市

用途:住宅

敷地面積:170.48㎡

用途地域:第2種低層住居専用地域・防火指定なし

建築面積:69.56㎡(建ぺい率40.81%)

延床面積:127.53㎡

構造:木造2階建

設計期間:2015年12月~2018年4月

工事期間:2018年4月~2018年12月

クライアント:30代夫婦+子供

 

     

甲府市の扇状地に計画した個人邸宅です。

既にクライアントが取得していた土地があり、

そこに住宅の計画を立てる相談を受けたところからプロジェクトが始まりました。

比較的通行量の多い角地で、

高床形式の家への憧れをクライアントが持っていたことから、

メインフロアを地上から1.8m持ち上げ床下エリアをつくり、

その分厳しくなった2階の高さ規制を屋根形状のデザインによってかわしながら全体形状を整えました。

また、メインフロアの外側にテラスや書斎・ピアノスペースを張り付けて、

そのスペースが、外部の視線からメインフロアのプライバシーを守る構成の住宅となっています。

インテリアにおいては、

木とアイアンの既存家具に対して、

無垢のフローリング、制作建具、建具枠の色を合わせながら、

取手、照明器具、コンセントカバーなどの小物をひとつひとつ選定して統一感を与え、

そこにR形状が印象的な輸入扉、大工工事によるニッチのアクセントが加えられたものとなりました。

 

 

 

1/1