​中 野 の シ ェ ア ハ ウ ス

建築概要

場所:東京都中野区

用途:シェアハウス

敷地面積:118.01㎡

用途地域:第1種中高層住居専用地域・準防火地域・第2種高度地区

建築面積:68.54㎡(建ぺい率58.08%)

延床面積:188.78㎡(容積率159.97%)

構造:耐火木造3階建

設計期間:2016年11月~2017年10月

工事期間:2017年12月~2018年8月

クライアント:個人オーナー

 

     

11戸の新築シェアハウスです。

東半分と西半分で半階ずつずらした木造3階建のスキップフロアの構成になっており、

上階の共有エリアと下階の個室を行き来する日常生活において、上り下りの心理的な負担を減らすことに貢献しています。

また、屋上はルーフテラスになっていて、住人同士の交流に活用されています。

外装は、既製品のサイディングを中心にしているが、施工方法を工夫することで、一体的なファサード面を構成し、

人と外装材が近づく場所には木質系の質感が感じられる新建材を採用して、手仕事の痕跡を残る仕上げとし、

地域の住環境に柔らかさをつくっています。

 

 

 

1/1