WORK

TRUEDAN ASAKUSA-KAMINARIMON

珍煮丹 浅草雷門店

用途  :飲食店(タピオカ飲料店)

敷地面積:

建築面積:

延床面積:24.84㎡(7.51坪)

階数      :地上1階

構造      :木造2階建

雷門近くの観光客と地元の方で賑わう雷門柳小路沿いに計画した、
台湾発のタピオカブランド日本2号店。

効率の良い作業スペースに仕立てる事はもちろんのこと、25㎡に満たないスペースの中で5名程度のスタッフが日々動き回る空間をストレスなく過ごせることを重視し検討を進めました。

そこで、必要となる来客スペース、厨房スペース、バックヤード、スタッフスペースを小分けに配置するのをやめて、それらを横断するひとつのサークル動線の周りに全てを配置するレイアウトに至りました。

全てのスペースに行き止まりはなく、2Wayの動線で、動線の交錯を回避できると同時に機能的でもあります。それぞれのスペースの連携が柔軟で、人員の増減に対しても柔軟に対応できる計画です。

そして、ひとつながりにレイアウトした店舗に、前面道路から入り込んでくる、屏風のように折れ曲がる間仕切壁を、限られた各スペース間に折り合いをつけながら配置しています。

屏風壁は、前面道路から見て正面、右側面、左側面と複数の情報を前面道路に届ける情報壁です。

正面はサイン、右側面は2台のサイネージと撮影用ロゴ、左側面は木格子として屏風面ごとに異なるデザインとなっていて、できる限り多くの人々に、お店の事をアピールしたいというクライアントの意思に応答しています。

台湾の街を歩いていると、店先の私有地を半屋外の屋根付き歩道として開放する「亭子脚(ティンアカ)」空間が、各々個性を出し合って通りを活気づけています。

 

今計画での通りを引き込む屏風壁は、この台湾文化のエッセンスを持ち込んで、通りを活気づける仕掛けでもあります。

みんなの空間をベースとして顔色をうかがいあう日本の店先通りに、個性の共演が活気を生み出している台湾の亭子脚空間のエッセンスを輸入することで、浅草の街に刺激と活気を与えることを意図した店舗計画です。

 

 

ref1.JPG

LAYOUT CONCEPT

truedan

1/1
ref2.JPG

台湾の街中に見られる店先の私有地を半屋外の屋根付き歩道として開放する「亭子脚(ティンアカ)」空間。照明や天井のデザインに個性が見られ、店舗空間を活気づけている。(参考)