WORK FLOW

設計監理業務の流れ

1 ご相談

新築・増築・改築・インテリア・その他建築に関わることなら何でもご相談ください。

クライアントのご希望をお聞きして、方向性を一緒に考えます。

具体的な計画地や現在の間取り、既存状況などが分かる資料などお持ちであれば持参いただけるとより具体的な話も可能です。土地探しからのお話もお受けします。打ち合わせ場所はどこでも結構です。

2 事前調査

基本プランを作成する為の、現地調査、簡易測量、敷地のインフラ等の状況を調査します。住宅やマンションの改修、店舗などであれば、図面と模型を使った計画案を作成、共同住宅や簡易宿所、ホテル、テナントビルなどであればどのくらいの規模の建物が建てられるか、法的な制約も調査し、計画案を作成します。プレゼンテーションの機会を設けていただいて、改めて打ち合わせの機会を設けます。

3 仮契約

計画案についてご検討いただき、クライアントの大事にしていることや新たに分かってきたことなどを共有します。

4 基本設計業務

契約後、具体的な平面図、断面図、立面図、内外装の仕上・設備仕様などについて検討を進め、打ち合わせを重ねながら基本設計図にまとめます。

マンションやテナントの内部改修など、確認申請を必要としない小規模で、スケジュールがタイトな物件の場合は、この段階で工務店・建設会社に見積を依頼する実施設計を併せて行います。

5 実施設計業務

基本設計図をもとに、工事見積を依頼出来る専門的な詳細図面を作成します。

各部分の仕上げや、照明や衛生設備器具の選定、家具や建具の仕様やデザインに至る詳細な検討を行います。同時に大枠の平面図、断面図、立面図についての見直しも重ねていきます。構造設計や設備設計も進め、構造図、設備図の作成を行います。それらを実施設計図としてまとめます。

 

合わせて、特定行政庁もしくは民間確認申請機関へ提出する建築確認申請図書の作成、提出、協議、確認済証取得もお施主様の代理者として行います。

6 工事業者選定

実施設計図をもとに、工務店・建設会社に見積りを依頼します。我々の方で複数の工務店を選定しますが、クライアントの推薦する工務店への見積依頼も可能です。
提出された見積書のチェック・金額の調整・見積り内容の変更等を行い、施工業者の決定を行います。変更内容を取りまとめて、工事前に実施設計図を更新し、関係者で共有します。

7 工事監理

週に1度程度(重要な段階で週に2度程度)、定期的に施工担当者と打合せ・協議し、内容を確認しながら、工事が正確に進むように関わっていきます。SNSなども活用しながら写真をクライアント・施工担当者と共有するなどして現場を進めていきます。また確認申請に関連する中間検査や完了検査などに対応していきます。

8 引き渡し

引き渡し前に竣工検査を行い、手直し / 確認した後に引き渡しとなります。引き渡しによって設計監理業務は完了となりますが、1年後に点検を行います。その後も適切なメンテナンスを行うためにも定期的に関わっていきます。