FLOW(一般住宅)

 

仕事の流れ(一般住宅)

(無料)

01 ご相談

家づくり、土地や費用に関することなど、どんな内容でもお気軽にご相談下さい。

 

敷地の購入を検討する段階でも大丈夫です。

 

電話またはメールでのやりとり、実際に会ってご相談をうかがう機会もおつくり致します。​

​★敷地の公図(地積測量図):法務局でどなたでも取得可 があるとスムーズです。

02 現地調査・ヒアリング

(無料)

実際にお客様と現地へ出向き、希望・ご予算などについてもお話をうかがいます。お時間をいただいて、敷地の現在の状態や周囲の環境を調査します。

区役所や市役所を訪れ、道路・建築法規・条例・その他の規制について調べます。

実際に計画を進めていく際には、必ず必要になる正確な敷地の測量や地盤調査などの手配も、場合によってはこの段階で手配致します。

​敷地を訪れて周辺の状況などを一緒に確認しました。

03 計画案の作成

(無料)

現地調査・ヒアリング内容をもとに基本計画案を作成します。

 

建物の概要が分かるスケッチや簡易な模型・計画図などをご用意します。

 

また、資金計画の参考になるよう、概算工事費・その他費用を含めた総工費もお知らせします。

計画案スケッチ

計画案模型

計画案CGパース

お客様の引き続き検討の意向から、ひとまず業務内容やスケジュールについて重要事項説明によって仮契約。そのうえでさらに計画の可能性を探るため、初期検討を重ねました。

可能性を洗い出すため、模型を使って複数検討。

ここでは8案から3案に絞りました。検討期間2カ月

​簡易な模型と計画図(A案B案C案)を準備。進めていく方針が共有されました。

04 ご契約

作成した計画案や資料をもとに​ご検討ください。

 

計画案は、きっかけにはなりますが、内容を確定するものではありません。

 

契約後、お客様とコミュニケーションをとる中で計画案が大きく変化する場合もありますし、計画案が家づくりを進める道しるべになる場合もあります。

方向性が共有されてきたところで、設計監理契約を結びました。お客様と設計者で敷地を訪れてから、約3か月。

05 基本設計+概算見積

(2~4か月)

基本設計図(平面図、立面図、断面図、仕上げ表)を作成します。

 

設計図以外にも、スケッチや模型、CGなどを併用して、完成する家を関係者で共有できるような形で進めています。

 

使い勝手、デザインの良し悪しなどについて検討を重ね、全ての問題をクリアにしながら、全てのスペースについて居心地を損ねない打ち合わせ・納得するまで検討を重ねます。

 

 

また、構造や設備内容の検討を行い、確認申請や役所協議などの法規的打ち合わせも私たちの方で行います。

 

 

この段階で、ご提示頂いた予算や求めに合いそうな施工会社を選定し、見積を取るようにしています。

朝日が入ってくるようハイサイド窓、洗濯物をすぐ干せる南面のバルコニーを検討した寝室

​思い思いに過ごせるよう、ワンルームのなかに段差や見え隠れを検討したLDK空間

希望も膨らんで計画案の費用も気になってきます。

 

比較的正確な概算を取れる図面を一式用意し、工務店に見積を依頼。

 

 

予算と実際の工事価格にどの程度の開きがあるかを確認したところで、今後の方向性を共有し、基本設計から実施設計へ移行しました。このタームで約4か月

★このあたりで大きめの模型を作成。実際に出来上がった写真(右)と模型(左)を比べると、模型が実物の検証に使われている事が分かりますね。

06 実施設計

(2~4か月)

基本設計で行った作業を元に、より具体的な実施設計図面の作成を開始します。

 

外壁や内部の仕上げ材をサンプルを全て取り揃え、お客様の要望を具体化していきます。

 

さらに、造り付け家具・ドアノブ・コンセントプレートといった細かな仕様、設備や照明などについて、カタログなどを使って打ち合わせていきます。

また、キッチンやお風呂・トイレなどについては、ショールームに一緒に訪れたり、お客様の要望をお聞きしたうえで検討を進めます。

 

お庭などの外構設計も同時に行います。

基本設計+概算段階を経て、予算調整も含め再検討。

形がシャープになりました。

基本設計終了時の模型(左)と実施設計での模型(右)

​細かい仕様を打ち合わせ。正式に見積をとるための実施設計図をまとめていきました。このタームに3か月。

07 工事見積

(1~3か月)

作成した実施図面を施工会社にお渡しし、見積依頼を行います。

 

お客様がご希望する施工会社が特にない場合、数社に見積りを依頼し、金額・工事期間・図面内容への対応などを判断し、お客様へ施工会社選定のためのアドバイスも致します。

 

見積調整の協議を重ね、お客様が納得されたところで、工事請負契約をお客様と施工会社の間で結んで頂きます。

基本設計段階からタッグを組んでいた工務店と1年間にわたり7度のやりとり。

 

どうしても予算と実価格の折り合いがつかず、他に2社見積を依頼​。

 

3社の会社間で約1000万円の価格差。

 

1社が基本設計段階からタッグを組んでいた工務店より良い条件だったため交渉を重ね、予算に追いつきました。

 

設計事務所と家づくりをする費用面での分かりやすいメリットはこの部分です。

 

ここでの予算調整だけで、設計監理料の倍くらいの費用が取り戻せました。約4か月。

08 確認申請・その他行政手続き

(1~2か月)

建築許可を得るため、建築基準法に基づく確認申請ほか各種申請をお客様の代理人として行います。

​建築許可を得るため、各種申請を行います。約2か月。

09 工事着工

いよいよ建設工事スタートです。

まずは地鎮祭を行い、工事の安全を祈願します。

工事中は工務店が図面にもとづいて適正な工事を行っているか、しっかりと確認します。

工事の進捗に会わせて、仕上げの色決めなど、お客様と必要な打ち合わせを行います。

地鎮祭の様子

10 各種工事・検査

工事期間中に各種検査を実施し、所定の性能が満たされているかを確認します。

​工事期間中は定期的に定例会または、報告を行い、進めていきます。

建物が出来上がった後、設計検査、施主(お客様)検査を行い、図面の通りに出来ているか、仕上げにミスはないか、清掃がきちっとなされているか改めて検査を行います。

 

手直しの指示を行い、関係諸官庁の完了検査を受けます。

1 更地

4 基礎工事

7 屋根工事

10 仕上げ工事

2 地盤改良

5 躯体工事

8 サッシ・内外装下地工事

3 縄張り捨てコン工事

6 躯体工事・中間検査

9 外壁工事

11 完成

11 竣工・引渡し

全ての工事・検査が終わりましたら、お客様への引渡しを行います。

カギの受け渡し・設備機器の取り扱いなど、建物をお使い頂くために必要なご説明を致します。


また、建物の完成写真の撮影なども、この時期に行います。

工事中の細かな変更や追加だけでなく、減額になったところも細かくやりとりしながら工事を進めてくれました。工事期間約7カ月

​施主・施工者・設計者にて記念撮影。途中中断時期があり、初めて敷地を見学してから完成までちょうど3年。

12 定期点検・メンテナンス

完成して1年後に定期点検を行います。

 

不具合がある場合は、工務店と協力して迅速に改善します。

 


その後も、メンテナンス相談やアフターケアなど、末永くお付き合いさせて頂きます。

経年検査に関わらずお気づきの点などございましたら、竣工後いつでもお気軽にご相談下さい。

​のこぎり屋根の防水が、今回の建設工事的にはリスクが最も高いとされていましたが、施主・施工者・設計者の協働で実現しました。写真は工事中のものですが、完成後も関係者で気にかけています。

 

スケジュールの目安

※既に土地をお持ちの場合の参考スケジュール(実例から)。

※工期は住宅の構造や規模によって異なります。

 

設計費用の目安

設計料に付きましては、総工費の10%をご想定下さい。

設計事務所がお客様と工事業者の間に入り仕事を進めることで得られる費用対効果はあります。

ぜひ一度ご相談ください。

尾崎建築事務所

〒164-0001 東京都中野区中野5-14-2-1F

M : info@ozaki-archi.com    T : 03-6659-2082

Copyright (c) 2020 OZAKI ARCHITECTURE OFFICE All Right reserved.