• ozaki-archi

1年検査@甲府

本日は甲府にて住宅の1年検査。

工務店の現場監督、クライアント、設計者で久しぶりの再会。

屋外デッキテラスに作ったシンク作業台。

天板のタイル目地が下地の木板の膨張によって割れていた。

タイルの種類とシーリングを変えてみることで決着。

形状が特異な建具の開き具合や

住んでみての暑さ寒さの不具合はなし。

工務店の瑕疵担保保険が効かないからとあきらめず、 チャレンジしてくれた、

ノコギリ屋根の谷部分の防水上の問題もないようで一安心。

床を上げて生まれた床下空間の利用率がとても高いとのこと。

天井は1.3mくらいだが、

広さが20平米くらいあるため、

趣味とかちょっとひとりになりたいときに利用されている模様。

気持ちの切り替えになる、

はなれとかお茶室とか屋根裏とか、

そういう場所も必要ですね。

新しく加わったカーテンなんかも、

適当に選ばず、デザインを吟味して選ばれていて感心。

色々と情報交換もしながら2時間あまり。

今後も外構とかメンテナンスとか

関係は続いていくと思う。

こういう関係の継続は結果的に

クライアントのメリットになるんだけど、

こういう関係にならないこともあるので

とても良い日だった。

4回の閲覧